読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ynkby's blog

正しく考えるというのは難しい

なぜ日本は仏教国になったのか 『日本人の神』

日本人の神 (河出文庫) 作者: 大野晋 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2013/12/06 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 日本は仏教国と言われたりするが、本当だろうか。昔はそうだったのかもしれないが、今もそうだろうか。お寺はいっぱいあ…

日本人は時間に正確なんじゃない、遅刻に厳しいんだ

遅刻の誕生―近代日本における時間意識の形成 作者: 橋本毅彦,栗山茂久 出版社/メーカー: 三元社 発売日: 2001/08 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 89回 この商品を含むブログ (24件) を見る 日本人は時間に正確だという。電車はダイヤ通り正確に動くし…

言葉狩りをするものは言葉を饅頭と考えているのか

ソシュールの思想 作者: 丸山圭三郎 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1981/07/15 メディア: 単行本 購入: 4人 クリック: 36回 この商品を含むブログ (19件) を見る 箱の中に、饅頭が詰まっているとする。饅頭を一つ取り去ると、そこに饅頭のない隙間がで…

寛容と和は、どうちがうのか

和の思想 異質のものを共存させる力 (中公新書) 作者: 長谷川櫂 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2014/07/11 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 日本の建築を見ると、西洋型の家に、畳とかが違和感なくなじんでいたりする。こういうのが…

なぜトックはもちもちしていないのか

照葉樹林文化の道―ブータン・雲南から日本へ (NHKブックス (422)) 作者: 佐々木高明 出版社/メーカー: 日本放送出版協会 発売日: 1982/09 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る 照葉樹林文化ではないからだ。 日本の文化、食文化を語るうえで…

会議がながいわけ 『忘れられた日本人』

忘れられた日本人 (岩波文庫) 作者: 宮本常一 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1984/05/16 メディア: 文庫 購入: 49人 クリック: 366回 この商品を含むブログ (215件) を見る 戦後に残された伝統日本をフィールドワーク。著者は、対馬とかを旅し、村々の…

「強敵」と書いて「とも」と読む文化

政敵を追い落とすと、祟りを食らうことがある。非業の死を遂げ、祟りを引き起こす魂を、平安時代あたりから怨霊と呼ぶようになった。 祟る怨霊をどうするか。名誉回復とか、お経の書写とかして、鎮魂する。菅原道真は怨霊となって、自分を大宰府に追いやった…

日本が清潔な理由、京野菜がブランド化した理由

京都〈千年の都〉の歴史 (岩波新書) 作者: 高橋昌明 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2014/09/20 メディア: 新書 この商品を含むブログ (5件) を見る 日本が清潔なのは、16世紀に人糞肥料ビジネスシステムが確立したからだ。 人糞肥料ビジネスシステムが…

2009年米国トヨタリコール大騒動の原因

不具合連鎖 作者: 日経BP社トヨタリコール問題取材班 出版社/メーカー: 日経BP社 発売日: 2010/03/18 メディア: 単行本 購入: 2人 クリック: 51回 この商品を含むブログ (2件) を見る プロの交渉術。どんな場面でも絶対負けない28の最強ノウハウ 作者: 長野…

朝鮮を見下す文化は和の文化が一因 『王権誕生』

王権誕生 (日本の歴史) 作者: 寺沢薫 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2000/12/05 メディア: 単行本 クリック: 7回 この商品を含むブログ (4件) を見る 筆者は、邪馬台国の成立を、明治維新になぞらえる。それは、薩長土肥連合で作られた明治政府と同様な、…

欧米人を鼻差別 『ヨーロッパ人相学』

ヨーロッパ人相学―顔が語る西洋文化史 作者: 浜本隆志,柏木治,森貴史 出版社/メーカー: 白水社 発売日: 2008/06/23 メディア: 単行本 購入: 2人 クリック: 15回 この商品を含むブログ (5件) を見る どんな人相がどんな人格なのか。アリストテレスから現代に…

パラサイトはどっちが悪いのか 『大国主の神話』

大国主の神話 出雲神話と弥生時代の祭り 作者: 吉田敦彦 出版社/メーカー: 青土社 発売日: 2012/01/25 メディア: 単行本 クリック: 1回 この商品を含むブログを見る 本書は、大国主神と少彦名神の謎に迫る。大国主とは、出雲の神様で、天孫が降りてくるまで…

なぜ日本は日露戦争後ダメになったのか 『幕末史』

幕末史 ちくま新書 作者: 佐々木克 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2014/11/21 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (1件) を見る 攘夷とは何か。 幕末期、攘夷というタームは様々な意味で使われたという。排外行動。つまり外国人を切り捨てたりす…

日本のハロウィンは広まるか 『USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?』

USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか? 作者: 森岡毅 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店 発売日: 2014/02/26 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (3件) を見る USJを、ファミリーを取り込み(第一段階)、遠方からも客を呼べるようにし…

南京大虐殺は酒池肉林 『殷』

殷 - 中国史最古の王朝 (中公新書) 作者: 落合淳思 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2015/01/23 メディア: 新書 この商品を含むブログ (1件) を見る 史記とかに書かれている殷の歴史は、その時代が終わってかなりの年月が経った後に書かれたもので、…

なぜ有休消化が増えないのか 「産屋習俗にみるケガレ・共助・休養」

出産の民俗学・文化人類学 作者: 安井眞奈美 出版社/メーカー: 勉誠出版 発売日: 2014/05/16 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 妊娠すると退職を迫られるというのがニュースになった。妊娠は長らく血の穢れとされてきた。今はもうそんなことはな…

日本の美は様式美とする 『イギリス人アナリスト 日本の国宝を守る』

イギリス人アナリスト 日本の国宝を守る 雇用400万人、GDP8パーセント成長への提言 (講談社+α新書) 作者: デービッド・アトキンソン 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2014/10/21 メディア: 新書 この商品を含むブログ (1件) を見る ゴールドマンサックスと…

どれだけ穢れがきらいなのか 『古事記』

新版 古事記 現代語訳付き (角川ソフィア文庫) 作者: 中村啓信 出版社/メーカー: 角川学芸出版 発売日: 2009/09/25 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 10回 この商品を含むブログ (12件) を見る 神さまが活躍する古事記には、古き日本の文化が描かれている…

社会契約は現人神 『日本の神々』

日本の神々 (中公新書 (372)) 作者: 松前健 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 1974/09 メディア: 新書 この商品を含むブログ (4件) を見る 古事記とか日本書紀には神話が描かれている。そういった書物に描かれている神話は、その書物を作った者の操作…

象徴天皇制はいつできたのか 『神々の体系』

神々の体系 ──深層文化の試掘 中公新書 作者: 上山春平 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2013/11/08 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 古事記を天皇家権威向上目的の書としてみるのが津田左右吉だが、そうではなく藤原氏権威向上目的な…

レクサスは本気  『2014年版間違いだらけのクルマ選び』

2014年版間違いだらけのクルマ選び 作者: 徳大寺有恒,島下泰久 出版社/メーカー: 草思社 発売日: 2013/12/14 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る 昨今の注目現象は、自動運転の技術が進んでるとか、世界レベルでダウンサイジングの流れが進…

豚なき世界 『古事記の起源』

古事記の起源―新しい古代像をもとめて (中公新書) 作者: 工藤隆 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2006/12 メディア: 新書 購入: 1人 クリック: 3回 この商品を含むブログ (10件) を見る 中国では、猪年ではなく豚年である。十二支の本家は中国だから…

クラリスのことば 『驚くべき日本語』

驚くべき日本語 (知のトレッキング叢書) 作者: ロジャー・パルバース,早川敦子 出版社/メーカー: 集英社インターナショナル 発売日: 2014/01/24 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (4件) を見る 日本語は世界語になるんじゃないか、と…

極東情勢と日本 『飛鳥の都』

飛鳥の都〈シリーズ 日本古代史 3〉 (岩波新書) 作者: 吉川真司 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2011/04/21 メディア: 新書 購入: 1人 クリック: 9回 この商品を含むブログ (11件) を見る 本書は、7世紀の日本の動きを、国際情勢から捉える。 7世紀とは…

なぜ日本人は新しいものがいいのか 『古事記誕生』

古事記誕生 (中公新書) 作者: 工藤隆 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2012/03/23 メディア: 新書 この商品を含むブログ (4件) を見る 本書は、新しい日本像を求めて、古事記の神話を研究する。日本は、西洋的あるいは中国的な合理主義的思考をする文…

男尊女卑の起源は仏教 『神道とは何か』

神道とは何か - 神と仏の日本史 (中公新書) 作者: 伊藤聡 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2012/04/24 メディア: 新書 クリック: 16回 この商品を含むブログ (7件) を見る 神道は、大昔の自然崇拝から、仏教が入ってきて神仏習合が起こり、明治維新ご…

狼男とは 『月の魔力』

月の魔力 作者: アーノルド・L.リーバー,Arnold L. Lieber,藤原正彦,藤原美子 出版社/メーカー: 東京書籍 発売日: 1996/10 メディア: 単行本 購入: 2人 クリック: 60回 この商品を含むブログ (12件) を見る 月神話というものは、単純ではない。 月の女神は美…

ガリガリガリ君 『言える化』

言える化 ー「ガリガリ君」の赤城乳業が躍進する秘密 作者: 遠藤功 出版社/メーカー: 潮出版社 発売日: 2013/10/05 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (3件) を見る 本書は、ガリガリ君で有名な赤城乳業を紹介する。赤城乳業は奇抜なことをする会社で、…

ノマドと中国とクールジャパン 『遊牧民から見た世界史』

遊牧民から見た世界史―民族も国境もこえて (日経ビジネス人文庫) 作者: 杉山正明 出版社/メーカー: 日本経済新聞社 発売日: 2003/01 メディア: 文庫 購入: 4人 クリック: 64回 この商品を含むブログ (19件) を見る もう言わなくなっただろうか。ひところノマ…

トヨタがヨーロッパで勝つには

魂の経営 コダックがつぶれたのに、富士フイルムは生き残った。昨今、日本の家電メーカーがガタガタになり、日本企業のマネジメント能力が疑問視されている中、古森は、富士フイルムの商売替えを成功させた。なぜ富士フイルムは性交できたのか。それを知るに…

法人税減税の前に 『源泉徴収と年末調整』

源泉徴収と年末調整―納税者の意識を変えられるか (中公新書) 作者: 斎藤貴男 出版社/メーカー: 中央公論社 発売日: 1996/03 メディア: 新書 購入: 3人 クリック: 21回 この商品を含むブログ (4件) を見る 日本では、1940年に源泉徴収制度が始まった。戦争に…

天皇が伏見の酒を旨くする 『士魂商才』

士魂商才 : 続・酒通入門 宇治田福時著 玉乃光を率いる筆者は、伝統文化としての日本酒を復興させようとしている。そのためには伝統文化を知る必要がある。日本の伝統文化なのだから、まず日本を愛する愛国心を持っていなければ、それがわかるはずもない。そ…

なぜ日本ではえらくなる程無能になるのか 『アーロン収容所』

アーロン収容所―西欧ヒューマニズムの限界 (中公新書 (3)) 作者: 会田雄次 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 1962/11 メディア: 新書 クリック: 14回 この商品を含むブログ (18件) を見る 筆者は、戦時に兵隊にとられ、ビルマで敗戦を迎え、戦勝国イギ…

記紀神話を超えて男尊女卑を超える

言霊とは何か - 古代日本人の信仰を読み解く (中公新書) 国生みの神話というものがある。伊邪那岐と伊邪那美とで日本を生んでいく話しだ。最初は、伊邪那美が、なんて立派な男なんでしょうと声をかけ、次に伊邪那岐が、なんて立派な女なんでしょうと声をかけ…

クールジャパンの再定位2 『言霊とは何か』

言霊とは何か - 古代日本人の信仰を読み解く (中公新書) 作者: 佐佐木隆 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2013/08/25 メディア: 新書 この商品を含むブログ (1件) を見る 言霊を、言葉自体が持つ霊力と考えるのは、幕末とか明治ころから広まった国粋…

もっとモット 『世界で勝負する仕事術』

世界で勝負する仕事術 最先端ITに挑むエンジニアの激走記 (幻冬舎新書) 作者: 竹内健 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2012/01/28 メディア: 新書 購入: 24人 クリック: 555回 この商品を含むブログ (48件) を見る 筆者は、東芝に入り、フラッシュメモリの…

和の精神とホンネとタテマエは何か 『日本における朝鮮少数民族』

日本における朝鮮少数民族―1904年~1950年 作者: エドワード・W.ワグナー 出版社/メーカー: 竜渓書舎 発売日: 2009/05 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 日本といえば和である。平和主義が根強いのも、その一つの現れかもしれない。とはいえ、そ…

なぜ「おさわがせして申し訳ない」というのか 『クレーム対応の基本がしっかり身につく本』

[ポイント図解]クレーム対応の基本がしっかり身につく本 (中経出版) 作者: 舟橋孝之 出版社/メーカー: KADOKAWA / 中経出版 発売日: 2014/04/10 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 「クレーム」を定義してないのが気になるが、気分を害してい…

研究棟の作り方 『魂の経営』

魂の経営 作者: 古森重隆 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2013/12/06 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 本書の著者は、富士フイルムを、デジタルの到来で需要がなくなった写真フイルムから商売替えさせ、成功させた人である。手持ち…

契約社会とは 『タテ社会の人間関係』

タテ社会の人間関係 (講談社現代新書 105) 作者: 中根千枝 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 1967/02/16 メディア: 新書 購入: 5人 クリック: 56回 この商品を含むブログ (60件) を見る 契約社会とはどんな社会か。契約書を作らないと何も認めない、人を信用…

靖国信仰現状 『天神信仰』

天神信仰 POD版 (民衆宗教史叢書 第 4巻) 作者: 村山修一 出版社/メーカー: 雄山閣 発売日: 2007/10 メディア: ? この商品を含むブログを見る 本書は、大正期から昭和にかけて、菅原道真と北野天満宮について書かれた、色んな人の論文を集めたものである。 …

日本で成果給はムリ 『タテ社会の人間関係』

タテ社会の人間関係 (講談社現代新書 105) 作者: 中根千枝 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 1967/02/16 メディア: 新書 購入: 5人 クリック: 56回 この商品を含むブログ (60件) を見る 本書は社会人類学的に日本の人間関係の在り方を特徴づけ、それをタテ社…

日本語は和の精神に合う言葉 『日本語と外国語』

日本語と外国語 (岩波新書) 作者: 鈴木孝夫 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1990/01/22 メディア: 新書 購入: 3人 クリック: 12回 この商品を含むブログ (30件) を見る 議論をするとき、日本語より英語でしゃべる方が明解になるという感覚を持つ人がいる…

クールジャパンの再定位 『小泉純一郎 ポピュリスムの研究』

小泉純一郎 ポピュリズムの研究―その戦略と手法 作者: 大嶽秀夫 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2006/11 メディア: 単行本 クリック: 24回 この商品を含むブログ (16件) を見る 小泉は自民党をぶっ壊すと言って、党内反対派をばっさばっさ切り捨て…

強いと勝つ~横綱を超える宮本武蔵~ 『勝ち続ける意志力』

勝ち続ける意志力 (小学館101新書) 作者: 梅原大吾 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2012/04/02 メディア: 新書 購入: 24人 クリック: 449回 この商品を含むブログ (69件) を見る 勝ち続けるとは、一敗もしないということではない。勝っても負けても動じず…

権利と和 『権利のための闘争』

権利のための闘争 (岩波文庫) 作者: イェーリング,Rudolf Von Jhering,村上淳一 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1982/10/16 メディア: 文庫 購入: 5人 クリック: 42回 この商品を含むブログ (29件) を見る 日本は法治国家であると言われたり、法の支配が…

お茶漬け日本に法の支配はムリ 『日本人の法意識』

日本人の法意識 (岩波新書 青版A-43) 作者: 川島武宜 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1967/05/20 メディア: 新書 購入: 13人 クリック: 78回 この商品を含むブログ (62件) を見る 日本は法治国家であるとか、法の支配があったりすると言われるが、そうで…

なぜ人種差別的観点から日本史を語れないのか 『黄禍論と日本人』

黄禍論と日本人 - 欧米は何を嘲笑し、恐れたのか (中公新書) 作者: 飯倉章 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2013/03/22 メディア: 新書 この商品を含むブログ (4件) を見る 黄禍論とは、中国と日本が結託して欧米をアジアから駆逐するといった感じの…

隠居制度を再考せよ 『マックス・ウェーバー入門』

マックス・ヴェーバー入門 (岩波新書) 作者: 山之内靖 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1997/05/20 メディア: 新書 購入: 11人 クリック: 43回 この商品を含むブログ (53件) を見る マックス・ウェーバーという社会学者がいた。彼は何を考えていたのか。 …

なぜ安倍さんはなかなか決めないのか 『忘れられた日本人』

忘れられた日本人 (ワイド版 岩波文庫) 作者: 宮本常一 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1995/02/16 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 1回 この商品を含むブログ (4件) を見る 著者は民俗学者。日本の村々をフィールドワークしてた。本書は西日本の…