読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ynkby's blog

正しく考えるというのは難しい

結婚しろはダメで働けはよいとする

結婚しろと言うのはセクハラになるからダメだという。

好き嫌いとか、快・不快とは別に、価値の多様性といったようなものから考える。

結婚しろがダメなのは、結婚しないという人生の選択肢を尊重すべきだからか。そういう価値観も尊重せよということか。

では、働いていない人間に対して、働けと言うことは問題ないのか。問題ないとすれば、働かない人生という選択肢は尊重すべきものではないということか。そういう価値観は尊重されていないとうことか。つまり、働かない人生は善くないとかいうことか。

結婚しない生き方も、昔は悪いことだったのかもしれない。働かない生き方と同じくらい善くなかったのかもしれない。結婚していない人間に結婚しろと言うことは、働かない人間に働けと言うことと同じだったのかもしれない。

今、結婚しない生き方は悪いことではなく、選択してよいものとしての地位を得た。働かない生き方というのはまだそうなっていないのかもしれない。今後、価値の多様化が進めば、働かない人生を選ぶことも一つの選択肢として、尊重される日が来るだろう。