読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ynkby's blog

正しく考えるというのは難しい

レクサスは本気  『2014年版間違いだらけのクルマ選び』

 

2014年版間違いだらけのクルマ選び

2014年版間違いだらけのクルマ選び

 

 昨今の注目現象は、自動運転の技術が進んでるとか、世界レベルでダウンサイジングの流れが進んでいてベンツとかの高級車が大衆車サイズのクラスでひしめき合っているとか、日本では軽自動車競争がますます熱くなっているとかいったところ。

スズキとダイハツが燃費競争を繰り広げているなかで、ホンダがNシリーズで軽市場で存在感を発揮し始めた。マツダも昨今気合の入ったクルマを出し続けており高評価を得ている。日産は、高級車でいいものも作っているが全般に不振、小さいクルマに至っては低評価となっている。

トヨタは、クラウンとかカローラなどぼろかすの評価。しかし一転、レクサスは、いいクルマになったとべた褒め。これはなんなのか。

今の時期に出てくるクルマは、開発していた時期がリーマンショックと重なり、その影響を受けている。トヨタもリーマンで赤字を出して、F1を撤退している。開発費も削られたにちがいない。クラウンとかカローラの酷評は、金がなかったことが大きな原因であろう。しかし、にもかかわらずレクサスの評価は高い。ということは、単に金がないということではなく、たぶんレクサスに優先的に金を回したにちがいない。クラウンなら開発費ゼロでも売ってみせるという、ブランド力、販売力の自信の現れである。ちょろいもんだと思っているのかもしれない。

ともあれ、どうやらレクサスは本気のようだ。F1は撤退したけど。じきヨーロッパの高級車を超すだろう。