読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ynkby's blog

正しく考えるというのは難しい

よいとかよくないとかはややこしい

日本の植民地支配はよかった、というとボコボコにされるのか。

よいとかよくないとか言うには、その判定の基準点が必要だ。

例えば、他の西洋列強のやっていた植民地支配とか、あるいは道徳とか。
道徳にも色々あって、劣った民族に文明をもたらす義務がある、とする道徳Aもあれば、民族は自身で物事を決めるべし、とする道徳Bもあったりする。

なので、他の西洋列強のやっていた植民地支配よりはよく、道徳A的にはよく、道徳B的にはよくない、ということもありえる。

新しい安保制度案はよいのかだめなのか。現状を基準点とするのと、理想状態を基準点とするのとで、ことなる判定となるかもしれない。

日本の民主主義は、立憲主義は、言論の自由はどうか。

いずれにせよ、何を基準点としているのかで相互の理解がズレていると、会話はかみ合わない。

道徳Aは基準点とすべきでないとかいう問題は、また別の話。