読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ynkby's blog

正しく考えるというのは難しい

「旧土人」の意味

土人」の意味は、土着の人であったり、未開人・野蛮人であったりする。

では、「旧土人」とはどういう意味か。

まず「旧」から考えよう。
昔は土人だったが、今はそうではない人という意味だろうか。「旧法」が「今は使ってない昔の法」であるように。それとも、本州などからの和人の開拓民も増えて定着してきたが、そういった新しい土人ではなく、古くからいる土人という意味だろうか。「旧友」が「古くからの友達で今も友達」であるように。

とすると、「旧土人」の意味として四つを考えることができる

①「旧」の意味を前者とし、「土人」を野蛮人とすると、昔は野蛮人だったが今はそうじゃない人ということか。例えば、文明開化前が土人で、文明開化後が旧土人といった感じか。

②「旧」の意味を前者とし、「土人」を土地の人とすると、昔は土地の人だったが、今は別の場所に移って、もうそこには住んでいない人ということか。例えば、里を出た人、田舎から就職で都会にでた人とかのことか。東京の人のほとんどはどこかの旧土人ということになろう。

③「旧」の意味を後者とし、「土人」を土地の人とすると、旧土人は、先住民ということか。新しく定住者になった人々と区別するときに使える。

④「旧」の意味を後者とし、「土人」を野蛮人とすると、古くからいる野蛮人ということになる。新しい野蛮人と区別するときに使える。

「北海道旧土人保護法」はどういう意味だろうか。
①なら、北海道の、昔野蛮人だったが昨今はもうそうとは言えなくなった人を保護する法律。②なら、北海道に生まれたが、もう転出して他の土地に移った人を保護する法律。③なら、北海道の先住民を保護する法律。④なら、北海道の古くからいる野蛮人を、新しく現れた野蛮人とは別に、保護する法律。ということになろうか。